葛河思潮社について


葛河思潮社とは?

葛河思潮社とは、作家・葛河梨池の思想に深く感銘を受けた演出家・長塚圭史が、葛河梨池の思想を基点に
演劇作品を発表していこうと結成した創作団体である。

profileimg_kuzukawa.jpg

葛河梨池

小説家。葛河思潮社代表。虚構と現実を演劇的に旅することが可能な数少ない作家である。恐怖小説で人気を博した。
近作に『小夜更方棘奇譚』など。現在は壮大な幻想小説の構想に着手している。
長塚圭史の作品『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』に登場した。

profileimg_nagatsuka.jpg

長塚圭史

劇作家・演出家・俳優。葛河思潮社代表代行。阿佐ヶ谷スパイダース主宰。
近作に『夢の劇-ドリーム・プレイ-』(台本・出演)、『ツインズ』(作・演出)、『かがみのかなたはたなかのなかに』(作・演出・出演)、『十一ぴきのネコ』(演出)、『蛙昇天』(演出)など。